働くためには | お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

働くためには

理容師の求人は様々ありますが、誰でも求人に応募できるというわけではなく、理容師国家資格を取得している人だけが応募することができます。
国家試験を受けるためには、利用専門学校で2年教育を受けるか、利用専門学校通信制で3年間教育を受ける必要があります。
無事国家試験に合格して、国家資格を取得することができれば、理容師の求人に応募することができ、就職することができます。
一生懸命勉強することで、国家試験に合格することができますが、理容師として活躍するためには、テクニックとセンスが必要になります。
お客様の要望に応えて髪をカットしていかなければならないので、もちろんそれを施すためのテクニックが必要ですし、更にヘアスタイルを良くするためのセンスが必要になるのです。
また、理容師はヘアカットしている間は、お客様と会話をすることも大切な仕事の1つです。そのため、コミュニケーション能力も必要なのです。
若い人から、高齢者まで幅広い年齢層のお客様が来店するので、どのようなお客様とも会話できるような能力が必要です。

1950年ごろの理容師の人数は、約11万人でした。それからどんどん増加していき、1970年ごろになると約27万人程度になりました。
しかし、次は減少していき、2010年になると約24万人程度になっているのです。
それに対し美容師は、どんどん増加していて2010年ごろには、およそ40万人程度の美容師がいると言われています。
なぜこのような現象が起きたかというと、美容室は女性だけが利用するというイメージが合ったのですが、時代が進むにつれて、男性も美容室を利用するのが当たり前になりました。
また、少子高齢化ということもあるので、理容師の数が少なくなっていったのです。
理容師の数が現象したとなると、求人も少なくなっている、国家試験に合格しても就職先がない、と思う人も多いですが、そのような心配は不要です。
利用専門学校の講師は、ほとんどがその学校を卒業したOBで、また理容室を何店舗も出している講師もいます。
そのため、理容師業界のネットワークも幅広いので、そのようなツテで求人を探すのは困難では無いのです。
学校から求人を紹介されることも多いですし、就職できる確率も高いです。