働く場所を決める | お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

働く場所を決める

理容師として働くためには、求人を探す必要があります。理容師として働く人のほとんどが、専門学校や通信で学んで、そのまま就職するので、先生と相談することが多いです。
自分はどういう環境で働きたいのか、求人先でどのようなテクニック、スタイルを身につけたいのか、どういう雰囲気な職場で働きたいのか、など自分の希望を細かく出していき、その上で先生と相談していきます。
学校によっても相談する先生は違います。担任の先生に相談することもあれば、指導担当の先生、就職指導の先生に相談することもあります。
指導してくれる先生は、普段の日常から態度、性格、個性などを読み取って把握しているので、的確なアドバイスをしてくれます。
自分が希望する理容師の求人に応募するのも良いですが、先生に相談しておくのも1つの方法です。
就職してからが、理容師としての経験の始まりなので、自分がテクニックや知識を身につけられる、成長でするための入店として求人を決めた方が良いです。

理容師の専門学校、通信制の学校にいた生徒が、理容師として開業していることも少なくありません。
そのため、OBが経営しているお店を学校側が紹介してくれることも多いです。
自力で求人を探して、働き手を見つけるよりも、学校から紹介してもらった方が手間も省けますし、時間もかかりません。
ただ、自分にとって環境が良い場合でも、成長できないような職場では、求人応募しても意味がありません。
また、スキルアップできそうなお店の場合でも、家と職場からの距離や、給料、勤務時間なども働く上で重要になるので、そのようなポイントも先生と話しておいたほうが良いです。
自力で求人を探す場合でも、担当の先生に状況を伝えておいたほうが良いです。