美容師との違い | お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

お客様の要望に応えてサービスを提供する仕事

美容師との違い

理容師の求人に応募して、働くことでお客様の髪を切ることができます。
理容師の求人と、似ている求人があります。それが美容師です。理容師と美容師の違いを知った上で、求人に応募しましょう。
それぞれ異なる点は様々ありますが、大きな違いは、「カミソリを使うか使わないか」です。
理容師の場合は、髭剃りや顔剃りなどの産毛を処理する際に、カミソリを使用して施術を行います。それに対して、美容師の場合は、どのような施術の場合でもカミソリを使うことは、原則として禁止されているのです。
なぜこのような違いがあるのかというと、それぞれ理容師法、理容師法で定められているからです。

理容師という職業は、欧米から伝わり、昭和22年に理容師法が制定されました。「お客様の容姿を整えて、清潔にすることを業務とする」と定められています。
このような業務を行うために、カミソリやハサミを使用することを許可されているのです。
それに対して、美容師法は、理容師法よりも10年遅れて昭和32年に制定されました。
美容師法は、パーマ、カラー、結髪、化粧などでお客様の容姿を美しくすることを業務として定められています。
主な業務は、髪結となるので、美容師法ではカミソリを使用することは認可されていないのです。
このように法律にもしっかりと定められていますし、顔剃りというカミソリを使う技術を習得するには、高度なテクニックが必要なのです。
理容師と美容師の求人は、一見似たように思えるものですが、実際は大きな違いがあるのです。